採用情報recruiting

森林を生かし、森林を活かす。

森林は私達の生活に多くの恵みを与えてくれます。
木材は建築用材として使われる他に、紙になるパルプ用材、エネルギーとなるバイオマス用材など、私達の生活と切っても切れない関係です。
また、森林環境は、国土保全、治山治水、水源涵養、環境林等としての役割を持ち、近年問題視されている地球温暖化、気候変動への影響などの対応として、健全な森林環境づくりが必要となります。
また、森林所有者にとっては木材を活用することで経済の循環に大きく寄与することができます。
この大切な森林を守り、育てることが私達南ひだ森林組合の使命であると考えています。

南ひだ森林組合で働くこととは

南ひだ森林組合では、地域の森林林業と森林環境を守って行く為に、主に民有林を中心とした森林整備事業や森林生産事業を行っています。
山の手入れをすることや、育った木を伐採し、新たに植林・育林して山を再生させたり、循環させることが下呂市の自然環境の保全につながると共に、地域経済の活性化につながっています。
下呂市の森林総面積は、78,227haで総土地面積に占める森林率は92.1%です。南ひだ森林組合の職員になると言うことは、下呂市の一番の資産である森林の活用を促すという大きな事業の担い手になるということです。

職員の具体的な業務

職員は大きく分けて森林技術職員と事務職員とに大別されます。

森林技術職員の業務

森林経営計画に基づいた、森林整備、森林生産事業を実施します。

森林生産事業では、搬出間伐を中心に、伐倒、造材から集材、運材までを高性能林業機械を利用して行っています。

搬出間伐を行う事で、二酸化炭素の削減(未利用材の林内放置削減)及び炭素の固定(資源有効活用)、放置林減少、森林所有者への還元等に努めています。

近年は機械化に取り組み、多くの仕事を機械で行うことで、安全でスピーディに仕事を行えるようになってきました。

森林整備事業では、放置林の減少、森林の二酸化炭素吸収量を高めるための植栽から保育を行っています。

森林技術職員の業務森林技術職員の業務

事務職員の業務

国や県は、森林の多面的役割を重視しています。
補助事業を利用して、森林の団地化、森林境界の明確化、森林施業のプランニング、森林経営計画作成、森林造成補助制度活用、森林事業の事業化と事業管理等を行っています。

事務職員の業務

森林組合で働く先輩の声

アイコンエントリーアイコン0576-26-3551[受付時間]8:30-17:15 土日祝除く

事務所職員(随時)募集要項

募集及び採用時期 令和元年6月以降で随時
仕事内容 事務全般、森林施業プランニング(森林の集約化、森林経営計画作成、補助申請業務)、
森林生産及び販売、整備事業の管理業務
募集人員 1名
対象 四大及び林業専門短大を卒業した30歳以下の方(Uターン歓迎)
給与 組合規程による

事務所職員(令和元年6月1日~12月27日)募集要項

募集及び採用時期 令和元年6月1日~令和元年12月27日
仕事内容 事務全般、森林施業プランニング(森林の集約化、森林経営計画作成、補助申請業務)、
森林生産及び販売、整備事業の管理業務
就業開始時期 令和2年4月1日
募集人員 2名
対象 令和2年3月に四大及び林業専門短大を卒業する方
給与 組合規程による

森林技術職員募集要項

仕事内容 木材の伐採搬出・森林整備
対象 40歳以下
林業経験者優遇
採用人数 若干名
備考 高性能林業機械の導入により安全で働きやすい職場になっています。
アイコンエントリーアイコン0576-26-3551[受付時間]8:30-17:15 土日祝除く